ネイリストは技術職なので、きちんとした技術、さらに接客マナーを身につけていれば何歳になっても活躍できるのが魅力です。
ただ定年はないと言ってもネイルサロンで働ける年齢には、どうしても限りがあります。

ネイリストはずっと同じ場所で座ったまま作業をするので、腰痛や肩こりに悩まされる方がいます。
年齢を重ねると体力が追い付かないケースもありますし、細かい作業になるので視力の衰えで作業がし辛くなることも。

定年のない仕事ですが、いつまでも第一線で活躍するには限界があります。
中高年になるとサロン開業やネイルスクールの講師へ転向、サロン経営者になるなど発想の転換が必要になってきますね。

  ネイリストの悩み事とは?
【 ネイリストは体力勝負 】

ネイリストには定年なし

「ネイリストは何歳まで働けるの?」という疑問をおもちの方に対してハッキリ言えることは一つ。
「ネイリストは何歳まででも働けます」。
例え40代、50代になっても現役で働いている方もいますし、美意識が高く見た目が若ければ特に年齢は問題にされません。

高い技術力とコミュニケーション能力があれば顧客から支持され、お店の稼ぎ頭として働き続ける事は十分可能です。

年齢を重ねるほど人生経験を多く積んでいるため「雰囲気が落ち着いている」「人生相談ができる」と高く評価される傾向もあり、年を取る事が決してマイナスにはなりません。

逆にネイルサロンのリーダー、つまり頼れる存在として活躍している方もいます。
定年のない仕事だけに、どこまで頑張るかは自分で決められるのです。

年齢不問のサロン求人も多数

ネイリストになるために中高年になってから勉強を始める方も実際にいます。
40代から勉強を始めたとしても、定年のない仕事なので決して遅すぎる事はありません。

ネイルサロンの求人を実際に見てみると「年齢不問」の求人もかなりあります。
いくら若くても技術が未熟でコミュニケーション能力が低いと仕事として続けていけないので、30代、40代であっても高い技術力をもち、接客マナーのしっかりした方であれば採用されますしお店の売り上げにも貢献できます。

ただし求人の中には年齢制限を設けているネイルサロンもあるので、若い方よりも選択の幅が狭くなってしまうのは仕方がありません。

  30代・40代でも大丈夫!
【 資格を取ろう 】

40代以降は管理職や独立開業を視野に

キャリアの豊富な40代、50代のネイリストは、ネイルサロンを退職して自前のサロンを開業する、サロン店長(管理職)になる、ネイルスクールの講師になるなど方向転換を図るケースも多くなっています。
ネイルサロンで腕を磨き固定客を獲得した後は、自分のお店をオープンさせてマイペースで活動できるのがこの仕事の魅力です。