好きなことを仕事に出来るのは本当に幸せですよね。
でも実際にネイル業界に入ってみると、理想とはまるで違う現実に驚かされるケースもあります。

実際にネイリストの仕事をしてみると、椅子に座って前かがみで1~2時間施術を行うのはザラ。
毎日たくさんの顧客の施術を行っていると、だんだん腰痛や肩こり、背筋の痛み、眼精疲労など体の痛みに悩まされる事になります。

またお客様の希望の仕上がり通りにならず、クレームが来るリスクもあります。
「接客態度が悪い」とお店に苦情が来るとやっぱり気持ちが落ち込みますよね。
このページではネイリストが乗り越えなければならない試練をまとめています。

ネイリストは体力勝負

ネイルの仕事は見た目よりもずっとハード。
肉体労働ではないと思いがちですが、椅子に座って長時間前かがみの姿勢を続けていると肩こりや首こり、腰痛など体が痛むケースが多々あります。

人によっては定期的にマッサージを受けたりお風呂に入ってリラックスする、爆睡するなどしてリフレッシュしています。
プロにとって体の管理はとても大事なのです。

クレーマーや気むずかしい顧客に注意

ネイルサロンにやってくる顧客には本当に色々な方がいます。
気さくで明るくサッパリした顧客もいれば、気難しく話しがしにくい人も。
話題が合い相性が合えば良いのですが、なかなか上手くいかない事もあります。

人によって感じ方にも差があるため、ちょっとした声掛けで気を悪くするケースも。
また施術した時は「凄く素敵ですよ」と喜んでいたかと思ったら、後で「施術レベルが低い」とお店にクレームが入るなど、人間不信になってしまう事もあります。

人を相手に仕事をする以上、どうしてもトラブルはつきもの。
ただクレームが入ったとしてもそれは施術レベルを上げるチャンス
辛いことではありますが、技術を磨く大きなチャンスだと前向きに考えてください。

顧客満足度アップのために出来る事

ネイルサロンに来た顧客の中には「このイメージでこんな風にしてください」とハッキリイメージを伝えてくる方がいる一方、「すべてお任せします」とネイリストに丸投げしてしまう方もいます。
丸投げの場合、ネイリストのセンスや色の知識が試される事に。

こんな時に色彩の知識があれば、色彩理論を取り入れた(顧客の肌の色に合わせた)ネイルデザインで顧客に喜ばれるハイレベルな施術が出来ます。
最近は風水を取り入れたネイルカラーやデザインもあるので、占いが好き、開運に興味がある顧客の満足度を高められますよ。

  ネイルの技術を証明しよう!
【 ネイルの試験を受ける 】