ネイリストが働く場所と言えばネイルサロンが思い浮かびますが、じつはネイルサロン以外にも結婚式場やエステサロン、美容室、ホテルなどがあげられます。

美容師の方がネイリストの資格を取得し、美容室で働いている例も実際にあるので、美容系のお店で広く働けるのは魅力ですね。
このページでは雇用形態や勤務先などの情報をまとめています。

正社員だけじゃない、いくつかある雇用形態

ネイリストがネイルサロンやエステサロン、美容室などで働く場合、2つの雇用形態で勤務する事になります。

1つはネイルサロンや美容室と直接雇用契約を結ぶケース、そして2つ目は顧客が来た時だけ施術してもらう請負契約です。

雇用契約の場合はお店と直接雇用関係を結ぶため、顧客が実際に施術を受けない時間でもサロンで待機し、その間の給与は発生します。
収入はすべて給与収入となるため、控除額も大きく節税になりますね。
正社員やパート、アルバイトでの雇用がこれにあたります。

対する請負契約は予約した顧客がお店に来るときだけ待機し、施術が終わればそこで業務は終了。
顧客がいる時だけ仕事をするので雇用する側には負担が少ないのがメリットです。

ただし請負契約の場合は顧客とトラブルが起きた時、お店の責任をどこまで明確にするかが難しいですね。
また請負契約でお願いする場合は教育が一切できないので、施術レベルの高い方にお願いしないと顧客の信頼を損ねる事になります。

ネイリスト求人を見ると、ほとんどがお店との直接雇用となっています。
直接雇用の方が安定した働き方が実現できますし、サロン初心者は教育がきちんと受けられるメリットがあるんですね。

  アルバイトから正社員まで多数掲載!
アットネイルズで求人を探そう!

ネイルサロン以外にもある雇用先

ネイリストの勤務先はネイルサロンや自宅サロンだけと思いがちですが、ほかにもブライダルサロンや美容室、エステサロン、ブライダルを主体にするホテルなどいくつかあります。

エステティシャンや美容師がネイル系の資格を取得し、エステに加えてネイルケア、さらにまつげエクステにネイルケアなど複合的な美容サービスを提供しています。

美容室に行ったら髪型をセットするだけではなく、まつげエクステやネイルケア、ジェルネイルなど美しくなるためのケアがまとめて受けられるのは本当に便利。
ネイルサロン以外にも活躍のチャンスは広がっています。

最近はボランティアですが、介護施設で高齢者にネイルケアを行う活動も展開されています。
もしかすると将来、介護系の施設にもネイリストの活躍する場が広がる可能性も。
少子高齢化が進む今後、高齢者向け施術は狙い目かもしれません。